悪性リンパ腫―2度目のがんへの挑戦―

アクセスカウンタ

zoom RSS 濾胞性リンパ腫と判明

<<   作成日時 : 2008/02/09 10:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

画像右脇の下を切開してリンパ節の細胞を取り、がんの種類を大学病院の病理で調べてもらっていたのだが、その診断所見の報告書が届き、きのう担当医師から説明があった。

濾胞(ろほう)性リンパ腫3aで、進行期はV〜W期(進行期はきのう骨髄液を取ったのでその結果で分かる)

非ホジキンの中でも比較的進行が遅いタイプで、年単位でゆっくりした経過をたどることが多いそうだ。

日本においては悪性リンパ腫の10〜15%と頻度は低いが増加傾向にあるという。
発生のピークは60歳代だが、最近は30〜40歳代にもみられるそうだ。はじめは治療に反応するが、何回も再発するのが特徴という。

V期以降の進行期では、多くの人が寛解になるものの、完全に治すことは難しいという。平均生存期間は10年前後となっている。




まぁだいたい上記のようになっているのだが、実は悪性リンパ腫にはB細胞性、T細胞性、NK細胞性という細胞分類もあり、濾胞性リンパ腫というのはB細胞というのが一般的で、このB細胞には最近「リツキサン」という治療薬が開発され、治療効果に期待が持てるようになったということ。

ところが、ところがである、なんと自分は濾胞性リンパ腫でありながら普通ではない「T細胞性」なのだそうだ。
担当医師も非常に悩ましい…と話していた。

症例が非常に少ないようだ。
自分自身がその症例になっていくような気もする。
いずれにしても、今後は大学病院の腫瘍内科医との戦略になる。

進行が遅いということもあるので、じっくり取り組めればと思っている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
難しい漢字と、カタカナが苦手な、きんたん。
(笑いが聞こえる)
それでも〜、病例が少ないとは〜分かったよ!

上咽頭といい、今回といい〜、病例が少ないがんになるよしさん。

調べがいがあるかしらんっ!?
じっくり、やっつけてね!


そうそう〜、母ちゃんと愛の力も、忘れずに♪
まささん、きんたんとの愛で〜奇跡更新中だからさ!
応援してるよ!
きんたん
2008/02/09 11:57
今回も症例の少ないがんだったのですね。
病理の結果も同じ大学病院でしょうか?

腫瘍内科医とじっくり戦略をですね。
きんや
2008/02/09 13:57
 濾胞性でしたか。私はB細胞性濾胞性リンパ腫です。T細胞性は知りませんでした。どうぞ納得いくまで話し合いをされて下さいね。応援しています。
ハナ
2008/02/09 16:31
よしさん、告知と書かれていた時本当にショックでした。
医学は年々進歩しています。
進行が遅い敵なら今よりもっといい治療方法や治療薬が開発されると思います。
とにかく治療に専念して完治を目指してください。
いい言葉が見つからなくて、、、
応援しています!!
るるこ
2008/02/09 21:54
よしさん、自分の病気としっかり向かい合い頭が下がる思いです。
るるこさんのおっしゃるとおりですね。
医学は年々進歩してるはずです。夫の時よりも。
私たちも応援しています!

とむ。妻
2008/02/09 23:55
きんたん
そう症例が少ないらしいんです。
なので何が奏効するか分からないんだなぁ(汗)
よし
2008/02/10 08:40
きんやさん
はい、病理と転院する大学は同じなので、向こうの医師にも当然その結果が伝わってるはずで、これはこれは…ときっと首を傾げてることかと(笑)
よし
2008/02/10 08:40
ハナさん
そう一般的にはそのB細胞なんです。
ちなみにどういう療法をやられ、どういう副作用などが出たか教えていただけるとありがたいです。
メール↓↓↓
Waihamaru@yahoo.co.jp
よし
2008/02/10 08:41
るるこさん
はい、自分もそうなってくれることを祈ってます。
応援ありがとうございます。
よし
2008/02/10 08:42
とむ。妻さん
今の自分があるのは、とむさんのあの絶対あきらめない前向きな姿勢のおかげです。
今もその姿勢に支えられております。
なんとも感謝の念にたえませんね(^.^)
よし
2008/02/10 08:42
難しい病名がつきましたね。
でもよしさんの冷静に病気に向かっていく姿勢は伺えました。
でも本当にこんなやつ来なくていいのにと思う気持ちも感じます。

どなたかが言ってらっしゃいましたが、進行がゆっくりなら
思いっきり長く延ばしてやりましょうよ。
そうすりゃ近いうちに新薬や新治療法が見つかりますよ。
それを信じてやみません。そして祈っています。
ほりきん
2008/02/11 16:19
ほりきんさん
はい信じて頑張ってみます。
よし
2008/02/12 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

―お願い―


このブログは不特定多数の方が閲覧できます。

ですので、コメントは狭い範囲の地域や個人などが特定できるような固有名詞を控えていただくようお願いいたします。

また誹謗や中傷と判断した場合は削除させていただきます。

ご協力お願いいたします。
濾胞性リンパ腫と判明 悪性リンパ腫―2度目のがんへの挑戦―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる