悪性リンパ腫―2度目のがんへの挑戦―

アクセスカウンタ

zoom RSS 11年前と今、その思い

<<   作成日時 : 2008/04/08 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

スピリチュアルな苦悩を乗り越えて

今回、2度目のがんということもあり、スピリチュアル(精神的、霊的)な苦悩は、今のところ大丈夫のようである。

11年前の上咽頭がんの時は、とにかく「死ぬ」ということが目の前にあり。考えて考えて考えて気持ち的にキリをつけるんだけども、またムクムクと頭をもたげてくるという感じで、その繰り返しだったような気がする。

そんなある日、後輩の女性が見舞いに来てくれ、彼女はちょっとした霊感を持っているのだが、自分を見て「大丈夫、オーラがすごいから」と言ってくれた。
その言葉がストンと気持ちに落ちて、「自分は大丈夫なんだ」と信じ込んでしまった。
本当に言葉は不思議な力を持っている。
自分はこのとき、この「言葉」に救われた。

そんなことも含めこの11年間、いろんな意味で「命」について考えてきた。
途中では再発の疑いもあり、このときも「生死」についてすごく悩んだ。

そんなことで伊達に11年間を過ごしてきたわけではない。
今回がんになって思ったことは「その時はその時」
リンパ腫は抗がん剤がよく効くので、すぐにということはない。
「その時」をとにかく先にもっていくために「絶対あきらめない」
そのためには「あらゆる手段」を講じる・・・そんな方程式が出来上がった。



この病棟は大半が「がん」患者

この病棟は、消化器・血液・膠原病内科と腫瘍内科が同居している。
自分はこの腫瘍内科にいるのだが、なんとこれが今年1月にできたばかりの診療科だった。
診療内容は、消化器や胸部のがん、悪性リンパ腫などに対するがん薬物療法(化学療法)を中心とした診療だが、ここでは今のところ自分と同じ悪性リンパ腫の患者が多いようだ。

画像


血液は白血病、消化器は食道や胃、腸、肝臓などで、ほとんどががん関係の患者である。
そんな中で消化器の患者の出入りが早い。
聞くところによると長くて2週間だそうで、検査入院や内視鏡での手術、外科に回される人もいるので早いという。

今はがん告知が基本だ。そんなことで多くの患者が「がん」という悩みを同時に抱えるのもまた、この病棟の特徴でもある。したがって看護婦さんは体のケアはもちろん、医師らとは別にスピリチュアルなケアもそれなりに行っているようだ。ある看護婦さんによると「だいたい1週間くらいは皆さん悩むようだ」という。



11年ぶりの写経

昨日は「病気平癒」を祈願して、11年ぶりに般若心経を写経した。
11年前の入院時は、とにかく何にでもすがりたく、写経グッズも一式購入し、10枚書き上げた。

画像


今回は、「オーラがすごい」と言ってくれた彼女から入院初期にいただいたもの。
奈良・薬師寺の白鳳伽藍を復興させるための写経で、書き終わったらその薬師寺へ送り返すというもの。
http://www.nara-yakushiji.com/osyakyo/

それなりの目処がついたら書写しようと思って引き出しにしまっておいたのだが、体調もよく退院の目処もついたので、思い切って筆を持ってみた。
最初は震えてどうしようもなかったが、段々と細くも書けるようになり、なんとか最後まで書き上げることができた。さっそく薬師寺へ送り返した。

画像


この般若心経の「こころ」は
・かたよらない
・こだわらない
・とらわれない

ひろいひろい「空のこころ」だそうである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
「空の心」・・・難しいですね〜(^^;
雑念だらけの私ですので、その写経をやってみようかな??

みんな産まれたときから「その時」に向かって生きてるんですよね。
「その時」に、よくやったな〜と思えるように、私もがんばらないと。
たっく
2008/04/08 13:48
たっくん
かたよらない、こだわらない、とらわれない
平易な言葉が並んでますが、これがなかなか難しいですね。

そうそう「その時」は誰にでも必ず来ます。
要はそれまでの「生きざま」だべなぁ。。。。
よし
2008/04/08 14:29
私自身、病気なったことはあまり知人に話していませんが、近くに住んでいる友人(医療関係者)には話したんです。
そしたら彼女『大丈夫、サトちゃん。はそんなことじゃ死なないから。』でキッパリ、あっさり。
普通なら『他人事だと思って無責任な!』ってムカっ!と来るところですが、なんだか素直にうれしかったんです(*^。^*)。
ちなみに彼女はスピリチュアルなことは全く興味のない人です(笑)。
医療的な説明も何もしてはくれなかったけど、でも理屈じゃないんですよね。
素敵な友人がいるのは、本当に幸せなことですね。
サトちゃん。
2008/04/08 14:36
ブログを読ませて頂いてすがすがしい気持ちになりました。
人脈に恵まれるのは、よしさんのお人柄なんでしょうね。
夫によしさんの病気の事を話したら、治るよって言っていました。
次回の治療も乗り切ってください。
今日の東京は雨と風が凄いです。
風邪など引かれませんように。
るるこ
2008/04/08 14:46
よしさん。
お久しぶりです。
久しぶりに、気力がみなぎっているご様子。

人間、長く生きているといろんな事があるものですね!
よしさんの頑張るご様子が、こちらも励ましてくれているようです。

るるこさんも書いているように、なぜかすがすがし気持ちになりました。
ikkou
2008/04/08 18:51
サトちゃん
やっぱり、相手が自分のことを本気で思ってくれてると、その心は温かく力強いものとなって伝わってきますね(^.^)
そいう人がいることは、ホント仕合せなことです。
よし
2008/04/08 19:49
るるこさん
ありがとうございます。
だんなさまが太鼓判を押してくれましたか。
それは心強いかぎりです(^.^)
よし
2008/04/08 19:50
ikkouさん
こちらから伺いもせず、ご無沙汰しております。
気力が見えますか。なんかうれしい言葉ですね(^.^)
これからもいろんなことがあると思いますが、めげずに頑張りましょ。。。
よし
2008/04/08 19:51
写経ですか。
いいですね。
僕も昨年、京都の苔寺で初めて写経をして
納めました。
それにしてもよしさん、習字がうまいですね。
きんや
2008/04/09 23:38
きんやさん
般若心経は宗派とか関係ないですからね。
習字ごころは全然ないんです。
ただ写しただけという感じですよ(笑)
よし
2008/04/10 07:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

―お願い―


このブログは不特定多数の方が閲覧できます。

ですので、コメントは狭い範囲の地域や個人などが特定できるような固有名詞を控えていただくようお願いいたします。

また誹謗や中傷と判断した場合は削除させていただきます。

ご協力お願いいたします。
11年前と今、その思い 悪性リンパ腫―2度目のがんへの挑戦―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる