インターネット・アーカイブから「ピノコの部屋」復活

何気にフッと浮かんだ。 これだ。 この方法があった!と。 葉っぱさんに導かれ、とむ師匠にまた助けられたような気がする。 われらが師匠ふじみとむ。さんが制作したHP「ピノコの部屋」は、卒業された今 でもそのアクセス数はすごいものであった。 このHPを頼りに闘病生活を送られ、力づけられた人はどれほどいたことだろう。 ネッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

外泊と新抗がん剤の開始

この3日ほど咳が止まらず、特に横になるともう連ちゃんで止まることを知らないとう感じです。 なので夜はなかなか眠れなく、眠っても1~2時間ごとに目が覚め、咳に見舞われるという具合でした。もう寝不足に咳の疲れでぐったりでした。 それが、どうしたわけか、けさからあまり出なくなりました。 何かが変わったのでしょうか。 いづれにしろ、…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

無事放送終了

7月8日深夜、フジテレビ「ニュースJAPAN」での特集「がん医療の現場④ 抗がん剤」ということでオンエアになりました。 つい先日その録画DVDが届いたのですが、普段見慣れていない自分が映っていて、なんか変というか気恥ずかしいものですね(笑) 自分で言ってることも、なんか支離滅裂な感じもしないではないです(汗) それでもがん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

フジテレビ 今日深夜にオンエア

フジテレビで今月5日深夜の『ニュースJAPAN』で、特集「がん医療の現場」が始まりました。 5日が初日できょう8日が、自分です。 たった数分を取るのに、担当者は2回も足を運んでくださり、家でも取材をしました。 まぁこちらには映らないので、気は楽ですが、けっこう見てる人もいるのかなぁとも思う。 かなり訛っていますので、あし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

放射線を照射することに

気が付いたら今年も半分が過ぎ、7月になってしまいました。この間、ずーっと入院。これまでにない体験です。正直いつ退院できるかの目途もついておりません(汗) 相変わらず、右太もも、左ふくらはぎは慢性的に腫れ、抗がん剤で小さくはなるものの、大した効果は期待できないようです。 で、今回、放射線を照射することになりました。 30日に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

きょうようやく抗がん剤

肺炎はなんとか治まったのですが、結局抗がん剤も延びてしまい、またまた右太ももや左ふくらはぎが腫れてきました。 先週末、右ふくらはぎに激痛が走り、オプソが最初効きませんで、点滴で痛み止めを入れたのですが、これも少ししか効きませんでした。 それでも朝方は痛くなく、日中にまた痛みだすというパターンで3日ほどきました。痛み止めも徐々に効…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

熱が急上昇

29、30日と外泊し、30日にはフジテレビの撮影スタッフ2人が、わが家までやってきた。お天気もよく、それなりに撮影できたと思う。 病院に帰って31日、やはりやってきた。30日までステロイドを投与していたので、けっこう元気だったのだが、31日にはさっそく手足のしびれ、だるさに襲われた。 咳もかなり出て、31日と2日に肺のレント…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ひさびさの外泊

きのう29日、外泊の許可が下りたので、ひさびさに家に帰ってきた。 一時退院以来のわが家だ。 やはり家の前にくると「着いたー」というホッとした思いに駆られる。 腫れはだいぶ引けた感じで、かなり楽になった。 ただ咳がまた強くなってきた。 きょうの午後、前にも書いた東京のテレビ局がわが家に取材に来る。 夕ご飯後、病院に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

7回目の勝負

きょうまたまた新しい抗がん剤を投与した。 5月7日からの抗がん剤も、結果としてほぼ効かなかった。 いったんはふくらはぎの腫れなどひけたのだが、投与後10日過ぎくらいからまた腫れ出した。 弾もほぼ使い果たしたようで、今回はシスプラチンとジェムザールで勝負。7回目の治療である。 シスプラチンは以前に少量だが使った。 ジェム…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新抗がん剤1クール目

抗がん剤を新しくした。6~8クールの予定。 これまでの抗がん剤が効きにくくなり、5月連休に右太ももや左のふくらはぎが腫れてきて、のどもつまりぎみで食事が通りにくくなった。 緊急入院した昨年末の症状と似た状態だ。 5月10日から5クール目の予定だったが、7日から急きょ新しい抗がん剤に変更した。 今回はイホマイド、ノバントロン、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

テレビ局が取材に

7、8の2日間、東京にあるテレビ局が自分を取材に来た。 2月上旬、「がん医療」のことで取材をさせて欲しいというメールが届いた。 ブログで探したのだという。 自分の体験が少しでも役に立てばと思い、OKを出した。 テレビ局の都合、病院の都合、自分の都合などがなかなか合わず、今回ようやく取材となったもの。 とにかくカメラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京からの見舞い客

弘前公園の桜は、外堀が満開で園内も見ごろを迎えているようだ。 お昼前、看護師が「ホリさんという方が面会に来ています」と告げにきた。 ホリさん・・・? エッ! もしかしてほりきんさんだ。 エッ! エッ! エッ! と思ってるうちにほりきんさんがあの笑顔で「どうもどうも」、奥さんのまっちゃんと一緒に病室に入ってきた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

働き盛りのがん患者への給付金

4月8日に再入院した。 1週間ほど家にいたことになる。 病室は退院前と違う個室をあてがわれた。 少し狭いがトイレ付である。 次の日から4クール目の化学療法が始まった。 点滴が終わったのが14日。 今回の副作用はつらくてしょうがないということはなかったが、全体的にだるく、咳が止まらず、微熱も続いている。 そんなことで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

再入院が延期に

実はまだ自宅にいる。 きのう5日に再入院するはずだったのだが・・・ 4日に主治医から電話があり、自分が使う予定の個室に緊急に重症患者が入ったそうで、あす(5日)9時に病棟に電話をして確認してほしいとのこと。 再入院後の抗がん剤投与予定、もらってきた痛み止めのパッチや薬が足りないことなどもあり、別な部屋へ入っても入院を延ばさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3クール終了、一時退院へ

現在、抗がん剤治療は3クール目の最終に入っている。 白血球を上げる注射もあり、白血球は標準値に戻っている。 体調はけっこう良い。 きのうはたまたま病院内の外来、耳鼻科、放射線科、歯科の3科の受診が重なった。 これまでは病室から1つの外来に行ってくるだけでも疲れてベッドに転がることが多かったが、きのうは3科のハシゴを難なくこな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

優奈のママさんのこと③ 「ママさんの思い」

ブログ 優奈のママさんのブログは、ランキングで1位になるなど常に上位を占め、たくさんの人に愛され、読まれていた。 その語り口は軽快で、ユーモアにあふれながらもピリっと風刺が効いている。また愛娘、優奈ちゃんの成長の記録でもあった。 現在のブログは2008年1月からのものだが、実は07年8月までのブログもまだ残っている。 先日ひ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

優奈のママさんのこと② 「リレー・フォー・ライフ」

2回目に優奈のママさんと会ったのは2007年9月29日。 東京・お台場の船の科学館で開かれたリレー・フォー・ライフ(RFL)東京大会にパパと優奈ちゃんとやってきたのだ。 朝から雨が降り、とても寒い日だった。 RFLは前年の06年、満を持して日本で始めて茨城・つくばで開かれたもの。 東京大会にはつくばに引き続きチーム・ピノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優奈のママさんのこと① 「出会い」

優奈のママさん逝く 北海道の優奈のママさんが旅立って、もう50日以上が経った。 3月5日は49日で、奇しくもこの日はママさんの42歳の誕生日だったそうだ。 1月16日朝、見知らぬ番号で携帯に電話が入った。 私は抗がん剤の副作用のため気力、体力ともガタガタで、電話に出ることができなかったが、留守電が入った。 電話の主は優…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

冬季五輪 スピードスケートで初メダル

2月13日から冬季五輪がカナダのバンクーバーで開かれている。 トリノでの前大会は、ずーっと日本はメダルが取れず、最後にフィギアスケートの荒川静香が金に輝き、日本を救ったような気がした。 今回も期待された競技で、なかなかメダルにつながらなかったが、やはりスピードスケートは日本のお家芸だと思った。 きょうはベッドの上から、テレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3度目の正直? 再発以降の治療

今回の再発は、昨年11月から12月にかけてフルダラ(抗がん剤)などの化学療法を2クールやったが、右くびの腫れがどんどん大きくなった。ほとんど効いていないということ。 そこで12月の下旬に入院して、今度はトポテシン(カンプト)という抗がん剤で治療を開始した。 これは効きすぎたのか、正月上旬にその副作用で地獄の苦しみを味わった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more