男たちの大和

映画「男たちの大和」を一人で見てきました。
なんか配役陣もそうですが、そのスケールの大きさにワクワクしながら見ました。

途中、かなり涙する場面もありました。
内容的には、完全な反戦映画だと思いました。

攻撃される側が、これでもかというほどリアルでした。
「だから、戦争はいけない」というメッセージが込められてるのだと思いました。

長嶋一茂の、「薩摩も長州も一度手痛く負けたからこそ、その後の維新で中心になれたんだ」「この負けの意味は日本の将来のためだ」的な言葉がなんとも印象に残りました。

少年兵役で主演の松山ケンイチは、なんとこれが青森県むつ市出身。
ひょろ長い体格と、朴訥なしゃべりで、味わいのある役をこなしていました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0