再び上顎洞炎が

お天道様が知らせてくれたのかなぁ…と思う。
多分、自分を案じてくれている神様の仕業だろう。

夏ごろから歯が不具合になり出し、そろそろ行きつけの歯科へと思っていたがなかなか踏ん切りがつかない。ところが今月、ご飯を食べているとそれまでなんともなかった前歯がポロッと欠けた。
これが、歯科に予約電話をかけさせるきっかけとなった。

その歯科で、本来の歯科のこととは違う2つのことを告げられた。

ひとつは放射線の唾液障害に効く薬のこと。
いまだ唾液はよく出ない。ご飯だけを口の中ではこなしきれない状態だ。まぁこれが精一杯と自分でもあきらめていた。ところが歯科医がこういう薬が昨秋に出ていたと紹介してくれた。
キッセイ薬品工業が口腔乾燥症状改善薬「サラジェン®錠5mg」(一般名:塩酸ピロカルピン)を新発売。
「頭頸部の放射線治療に伴う口腔乾燥状態の改善」が適応とのこと。まさに自分のための薬だ。
歯科医が何かの研修で聞きつけ、ネットで紹介されたものを印刷していてくれたようで、本当にありがたいと思った。

さて、このもうひとつのことが問題である。
それは3年ほど前にこの歯科医で抜いた右奥歯のこと。
自分も気にはなっていた。
何かというと、その奥歯の穴が今もってふさがっていないのだ。
それで、上顎洞(ほおのところの空洞)から白い膿(うみ)が出てきているという。穴は自然にはもうふさがらないそうだ。

そんなこともあり、きのうその2つのことを相談するために、これも行きつけの耳鼻科に行った。
薬のことは、自分でもよく確認して連絡をくれるということに。
上顎洞はX線を撮ったところ、右ほおのところが真っ白になっていた。膿が広い範囲でたまっているのだという。
早めに処置をしたほうがいいということだ。

大学病院の口腔外科に行こうと思う。
実は左の上顎洞も同様に7年ほど前に手術をしている。

10年前だが、上咽頭がんの治療で照射した放射線を上の奥歯はまともに受けた。結果、歯ももろくなり左に続き右も抜けたのだが、それがふさがってくれないのだ。

今見つけないと危ないよ…と、お天道様が知らせてくれたような気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

PEER
2006年11月24日 23:39
よしさん、お加減はいかがでしょう。ご自分のお体最優先で十分養生してください。10年前の放射線治療の後遺症が、違ったところでまた出てきているとのこと。なんとも言いがたい思いです。ただ7年前の手術と比べても医学は確実に進歩していますから、今度の手術と投薬ではより良い治療効果が期待できますね。

わいはまーるには強力な支援軍団がありますから、よしさんが暫くゆっくりなさっても、守備は堅いと思います。
どうぞお大事になさってください。

私の方はここ数日咳が続いています。文化祭後に急に生徒・教員に風邪が流行ってきて、どうも学校が伝染の基地になっているようです。幸い熱はなく、食欲もありますので、青森のリンゴをおいしくいただいております。
よし
2006年11月25日 08:11
PEERさん、お気遣いありがとうございます。
特に症状がないので正直実感がないんです(笑)
でも、確かに炎症があるようなので早めに処置をしたいと思ってます。

このところ風邪が流行ってます。
お大事にしてください。
ももこ
2006年11月29日 07:53
 久しぶりです。体調はいかがですか?早めに病院へ行ける事でホッとしております。無理せずにとは言うものの適当に頑張ってくださいねーももこが近くで見守っていますから!!
よし
2006年11月29日 08:02
ももこさん、ありがとうございます。
できればなんにも(処置を)したくないんだけど、どうなることやら。
風の流れに任せます(笑)
Amiejibue
2017年12月01日 02:24
anxiety after stopping domperidone canadian online pharmacy domperidone thyroid breastfeeding milk supply

この記事へのトラックバック

  • がんと症状について

    Excerpt: がんの症状って?がんの症状を分かりやすく解説します Weblog: がんと症状について racked: 2006-11-30 20:21