「硫黄島からの手紙」

画像2月の米アカデミー賞最有力などの前宣伝がよすぎたのか、はたまたきょうの自分の耳の調子があまりよくなかったためか…

きょう今年初の映画として「硫黄島からの手紙」を一人で見てきた。
リアルな戦争映画という感じはしたが、さほど感動できなかったというのが正直なところ。

舞台背景がどうなってるのかも分からず、誰が何のために何の役を演じているのか理解できなかった。
事前にあらすじなどを頭に叩き込んでいったら、見方もまた変わったかもしれないが、もうひとつピンとこなかったなぁ

それでも渡辺謙の演技はさすがだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック