リレー・フォー・ライフ静岡 雨模様の中開幕

9月12から13日にかけて静岡の御殿場で開かれたリレー・フォー・ライフ静岡with富士山に参加してきた。
初日は大雨にもたたられ、大変な思いをしたが、それも終わってみるといい思い出になりそうだ。
画像


9月12日
前日に神奈川のくりおさん家にお世話になり、朝雨が降る中、くりおさん運転の車にまちゃこさん、けーこさん、自分が乗り込んでいざ御殿場へ。けーこさんは寝台列車で朝に着いたもの。
11時すぎ、会場となる陸上競技場に着いた。



チーム・ピノコのメンバーも続々集まってきて、今回は31人となった。

優奈のママさんも、パパさん、優奈ちゃんとともに北海道から飛行機に乗ってやってきた。ママさんは入院していて静脈リザーバーの入れ替え手術を終えたばかり。参加は微妙だったが、なんと気持ちは通じるもので前日に退院許可が下りたという。車いすでの参加となったが、元気な笑顔が何よりだ。

今回もくりおさんとまちゃこさん夫妻には、八面六臂、大車輪で活躍してもらった。責任者会議への出席、メンバーへの連絡やまとめなどの事務的処理、アウトドア用具や食材、飲み物の準備などなどなど、細かいものも含めその手配には感謝あるのみだ。これでうまくいかないはずがない。


会場に到着してまずはテント作り。事前に用意してもらっていたテントに、くりおさんの車からテーブルやいす、炊事用具、食材などを運び込んだ。
が、何しろ小さめのテントが1張りなため、各自の荷物なども置くともう足の踏み場もないくらいに。

そこでテントの後ろにある一段高くなった芝生ゾーンにブルーシートを張り、その下に荷物を置き、空いたスペースにいすなどを並べた。



今回は各チームでも、何かを企画しチャリティーに協力しようということで、チーム・ピノコではけーこさんの発案もあり、がんの部位別啓発リボンなどを作ることになった。
画像

まちゃこさんはそのがんのリボン、ちかりんはそれを入れるウオールポケットほか、けーこさんは都会ではなかなか手に入りにくいヨーヨーセットほか楽しい手作りグッズ、あぴさんはヘアアクセサリーをこしらえてくれた。
それらをテント前などに飾り、一段とにぎやかなテントになった。

参加の皆さんにかなり関心を寄せてもらい、けっこう売れたが、雨模様でなかったらもっともっとさばけたように思う。



13時にはいよいよオープニングセレモニーが始まり、ピノコのメンバーもステージ前に集まった。今回は42チームが参加したが、静岡県以外の一般チームはわがチームほかは、「チームMOMO」と「癌でもいいじゃん♪」だけのようだ。MOMOのファルモさんも癌でもいいじゃん♪のTakeさんもつくばからの関わりで、姉妹チームのようなものだ。

最初の1周はがん経験者によるサバイバーズ・ウオークで、その先頭を切るのはサバイバーズフラッグ。今回は運良くそのサバイバーの手形を押した横断幕を、ほりきんさん、ゑふさんとともに掲げて歩くことができた。その後ろをピノコのフラッグとともに小旗を持った優奈のママさん、Hayateさん、どるちぇさん、しんちゃん、まきどん、ハイテンションさん、グッキーさんらが行進した。
画像



テントのテーブルには今回も各地から皆さんが持ち寄ったお土産や手作りの漬物なども並び、それを食べながらのおしゃべりにも花が咲いた。
のぶしさん夫妻は浜松餃子を、ほりきんさん夫妻はやきそばの食材をそれぞれ持ってきてくれ、グラウンドの外で料理し、皆さんにせっせと提供してくれた。なんとも美味しいのに加え、うれしい心遣いだ。

またテントでは、北海道・北見のちゃんこ爺さんの姪御さんから送られてきた玉ねぎがたくさん入った豚汁を調理。コンロにでかい鍋をかけ、まちゃこさんたちが煮込んだ。雨模様もあり熱々の豚汁が身にも心にも染みた。



グラウンドでは、しんちゃん、Hayateさん、タイガースくん、少し遅れて来たテンプルベルさん、おーはしさんらがフラッグを交代で掲げ、一所懸命に歩いてくれた。

雨は小降りで降ったり止んだり、これくらいはどうってことないねと話していたのだが。

画像

画像

画像

画像

画像

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック