背中が痛い

実はこのところ、体調があまりおもわしくない。
まずは背中がうずいて痛い。
それまでも少し痛かったのだが、そのうちよくなるだろうと思っていた。
ところが10月26日ころから我慢できなくなり、痛み止めのロキソニンを飲んだ。
それでも痛みがなかなか取れてくれない。
かと思えばスーッとよくもなることも。そんなときはこのまま良くなるのではと思う。
けど、決まってまた痛くなる。そんなことの繰り返しだ。

激しく渇いた咳も出ている。
10月はじめから軽い咳は出ていて、耳鼻科から咳止めの薬をもらっていた。しかしいっこうに収まらず、10月28日ごろから特に激しくなった。夜寝ていても「ゴホゴホ」と止めどもなく出て、おなかが絞られるようになる。
今はそれから比べると少しはよくなったような気がするが、それでも咳き込みはけっこう続く。

10月上旬に右頚が痛くなってリンパも腫れたのだが、10日ほどでよくなった。
ところが、30日にまた腫れだし、現在けっこう大きくなっている。




2週間ほど前、血圧がまた上がり気味になってきたので、今回はネットで交流のある隣町の小児科・内科医のYoshi先生に診てもらった。これまでの病状などもよく理解してくれており、体調を回復させる漢方薬も処方してもらった。

その薬がちょうど切れたこともあり、4日にYoshi先生の診察を受け、上記のような症状を訴えたところ、大学病院の担当科を受診したほうがいいとのこと。

翌5日、午前中は気持ちが非常に逃げ腰だったのだが、担当医がこの日は午後も外来で診察していることもあり、微熱もあるため思い切って電話して出掛けた。

特に背中が痛いことを訴えると、そろそろ治療(化学療法)を考えたほうがいいかもと言う。それも外来でOKだという。とにかくPET-CTを撮ろうということになり、9日に予約を入れた。

痛み止めを処方してもらった。
朝夕に飲むナイキサンと、それでも痛かったらとんぷくで飲むロキソニンの2種類。
ゆうべ(5日)さっそくその2種類を飲んだ。そして今朝も。
それでも痛かったり、良くなったりの繰り返しだ。

体が痛かったり苦しかったりすると、気持ちが中々上向いてくれず、やる気もでない。痛みで神経が参ってしまうからだろう。

やはりがんの治療現場でも緩和ケアを真っ先に始めるべきとつくづく思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

どるちぇ
2009年11月08日 09:52
よしさん、咳や、痛みが続くのは、つらいですね。
悪い原因でありませんように、祈っています。
よし
2009年11月09日 19:14
どるちぇさん
特に背中の痛みはもう勘弁して状態です(汗)
が、きょうけっこう楽になりました(^.^)

この記事へのトラックバック