東京からの見舞い客

弘前公園の桜は、外堀が満開で園内も見ごろを迎えているようだ。
お昼前、看護師が「ホリさんという方が面会に来ています」と告げにきた。
ホリさん・・・?
エッ! もしかしてほりきんさんだ。

エッ! エッ! エッ! と思ってるうちにほりきんさんがあの笑顔で「どうもどうも」、奥さんのまっちゃんと一緒に病室に入ってきた。

なんともサプライズ。
自分をびっくりさせようとの魂胆(笑)で、けさ飛行機で来たという。
東京からわざわざ来てくれたのだ。

弘前はきのうまでは雨だったが、きょうは晴れ。
ほりきんさん夫妻、3回目にしてようやく「日本一の桜」の見ごろに恵まれた。
前の2回は雨にたたられたり花が咲いていないときもあった。

願わくは一緒に付き合いたかったが、それができず非常に残念だ。
それにしても懐かしさが込み上げ、気持ちを鼓舞された。

戦友はありがたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ほりきん
2010年05月03日 20:42
サプライズゲストをして見ました。
よしさんの気持ちがになったのが嬉しかった。
4月が寒かったので、今年は弘前公園の桜は遅いと予測し、2日の朝一番機で青森空港、友人の弘前大学の教授の家に寄り、レンタカーを預け、病院まで送ってもらいました。
受付で聞いたら病院にいらっしゃると聞いて一安心、病室に一目散にあがり、久しぶりの再会となった。
ベッドにいつもの通り背筋をピンとし座っているよしさんがとても目力も強く、決して諦めない芯の強さを感じました。
東京から食べられそうな、飲めそうなお土産を持参し、喜んでいだけた。
来年は一緒に弘前城の桜を一緒に観、美味しい飲み物とおでんを食べたいですね。
抗がん剤の効果を心から祈っています。
よし
2010年05月04日 08:51
ほりきんさん
また来年もいらっしゃい。
桜の木の下で一献やりましょ。

この記事へのトラックバック