悪性リンパ腫―2度目のがんへの挑戦―

アクセスカウンタ

zoom RSS 医院から病院へ【リンパ腫・予兆D】

<<   作成日時 : 2008/08/19 12:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1月中旬、妻が世話になっている医院が循環器内科ということもあり、この医院の門をくぐった。
まずは血圧の薬は同じものを出せるということで、ホッとした。

で、これまでの症状や経過を話すと、この医師「それでしたら、大きな病院でしっかり検査したほうがいいでしょう」とのこと。
「なるほど」となぜか妙に納得した。これまで病院に行くという選択を考えなかったような気がするからだ。そんな大それたこと・・という思いもあったからだろうか。

そのころには、さまざまな症状も出ていた。
背中、腰、胸の痛みに加え、発熱も伴うように。
また布団が冷たくてどうしようもなかったことも。
痛みや発熱はロキソニンで抑えた。

そんなことで1月21日に市内の公立病院の内科へ。
内科は医師が4人で診察に当たっているが、自分が行ったときは人人人で待合所があふれていた。もちろんお年寄りがかなりな割合を占めている。

お昼近くにようやく呼ばれ、とにかくCTを撮ってみましょうということで、午後にCTを撮った。
このときふと思った。
夏の終わりに外科を受診したとき、そこの医師が「きちんと調べるとなると、かなりな時間と料金がかかりますよ」という言葉がずっと頭にあり、自分の中ではそうならないようにというバリアが張られていたような気がする。結局、年が明けてそういうふうになってしまったが…。

CTの結果は23日に出ることに。
この日は早い時間に病院へ行ったが、それでも1時間以上は覚悟した。
ところが、診察が始まったらすぐに呼ばれたではないですか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

―お願い―


このブログは不特定多数の方が閲覧できます。

ですので、コメントは狭い範囲の地域や個人などが特定できるような固有名詞を控えていただくようお願いいたします。

また誹謗や中傷と判断した場合は削除させていただきます。

ご協力お願いいたします。
医院から病院へ【リンパ腫・予兆D】 悪性リンパ腫―2度目のがんへの挑戦―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる